検索 facebook twitter instagram googleplus hatebu feedly LINE プラス CLOSE TOWELTO > OTHER BACK TO LIST TEL HOME カテゴリー背景 カテゴリー背景 スライダー内記事の背景 この記事が気に入ったらいいね!してね
使う
2018/08/29

部屋干し臭が気にならない!? ニオイを抑制する<HAREYAKA TOWEL>を語る本音座談会

部屋干し臭が気にならない!? ニオイを抑制する<HAREYAKA TOWEL>を語る本音座談会

8月上旬に発売されたばかりの新商品<HAREYAKA TOWEL>。抗菌・防臭力に優れ、部屋干しのイヤ〜なニオイを抑制する機能タオルです。

でも、本当に部屋干ししたときの雑菌臭が抑えられるのか、気になるところですよね。そこで今回は、緊急座談会を実施!それぞれ違う環境で生活する5人の男女に<HAREYAKA TOWEL>を1週間お試しいただき、本音を伺いました!

三田村哲也

タオル課マネージャー/今治タオル工業組合認定「タオルソムリエ」

三田村哲也

タオル課歴11年目。社内屈指のタオルマニアで、人は彼を”Mr.タオル””タオル道に生きる男”と呼ぶとか呼ばないとか…。「<HAREYAKA TOWEL>の第2弾が出せるくらい、ヒットしてほしいです!」

本多希久子

デザイナー/今治タオル工業組合認定「タオルソムリエ」

本多希久子

タオルのデザインを担当。「実際に使った方がどんな風に感じたのか、聞くのが楽しみです!」

小野喜子さん

ママ代表

小野喜子さん

ライターとして働く、小学生と生後2ヵ月児のママ。お子さんをサッと拭いて包めるように、大きめで厚いタオルを愛用中。

松宮弘樹さん

パパ代表

松宮弘樹さん

コーヒーショップマネージャーとして働く、2歳児と6ヵ月児のパパ。家族そろってアウトドア派なので、吸水力のあるタオルが好き。

福士優さん

ママ代表

福士優さん

6歳児と3歳児のママ。タオルは少し硬めのものが好きで、ついつい古いものを使ってしまう。

利結輔さん

ひとり暮らし男性代表

利結輔さん

編集者。自宅から30分かけて自転車通勤中。汗っかきのため、タオルは常に2枚携帯している。

塚原美樹さん

ひとり暮らし女性代表

塚原美樹さん

ギャラリー勤務。美容のために、優しい肌触りのタオルが好き。

部屋干し臭も、皮脂のイヤなニオイも軽減!

三田村:雨の日はもちろん、花粉対策としても部屋干しをされる機会は多いと思います。ただ、どうしても部屋干し特有のニオイに悩まされますよね。そこで東京西川が開発したのが、部屋干し臭を抑制する<HAREYAKA TOWEL>。今回、みなさんにお試しいただきましたが、いかがでしたか?

小野:うちではお洗濯をするとき、香り付きの柔軟剤を使っています。それでも部屋干しをすると、ニオイが気になるんです。柔軟剤の香りと部屋干しのニオイが混ざったような感じ。でも、このタオルは違いましたね。柔軟剤のいい香りだけがしたので、気持ち良く使えました。

 

 

利:僕は仕事で家を留守にする時間が長いせいか、帰宅すると、少しのニオイでも気になるんです。特に部屋干し臭に迎えられると、ドッと疲れを感じますね(笑)。<HAREYAKA TOWEL>では、それがなかったことに感激しました。男のひとり暮らしだと、甘い香りの柔軟剤は敬遠しがち。タオルそのものがニオイを抑えてくれるのは、とても助かります。

松宮:僕なんてタオルを使っている最中から、ニオイが抑えられていることに気づきました。というのも僕、けっこうな脂性なんです。ちょっと質の悪いタオルだと、その日のうちにニオってしまって(苦笑)。でも、このタオルは大丈夫でした。安心して持ち歩けます。

 

次に使うときには乾いてる!こだわりの薄さで実現した乾きやすさ

本多:ポジティブな感想をいただけて、ホッとしました!ありがとうございます。部屋干し臭も、タオルから感じる不快なニオイも、主な原因は繊維に繁殖した雑菌です。<HAREYAKA TOWEL>は、繊維に菌の繁殖を抑える機能を練り込んであるため、ニオイが抑制できるんです。さらに薄さもポイント。薄いために乾きが速く、乾きやすさが菌の繁殖を抑えます。

福士:その乾きやすさ、子どもと遊びに出かけたときに実感しました。うちには2人の子どもがいるため、外出先では一度にトイレを済ませます。上の子も下の子も、ついでに私もという感じ(笑)。すると悩ましいのが、手を洗ったあとです。3人が一気に手を拭くので、タオルでもハンカチでも、すぐにビショビショ。でも<HAREYAKA TOWEL>は、次に使うタイミングには乾いていましたね。「もう乾いてる!」って。

 

 

松宮:子どもがいる家庭だと、より実感しやすいですよね。我が家では僕の出勤前に、子どもを連れて散歩をするのが日課なんですが、夏場だと、子どもが散歩中に水遊びを始めるんですよ(笑)。だから汗と水で、けっこう濡れます。そこで体を拭き、湿ったタオルを自転車に引っかけて家に戻りますが、<HAREYAKA TOWEL>だと、そのわずかな時間でも、ちょっと乾いていました。完全に、ではありませんでしたが、触ればわかるくらいでしたね。

塚原:乾きの速さは、部屋干しでも実感できました。日当たりの悪い私の部屋でも、朝、出かける前に干したタオルが、夕方、帰宅するころには乾いていましたね。正直、バスタオルだけは「ちょっと湿っているかな?」という感じでしたが、ほかのサイズはバッチリ!良さを実感できたからこそ、カラーバリエーションが増えるとうれしいですね。女のコ向けの色があると、すごくいいな、って。

 

肌へのストレスを和らげ、お子さんも喜ぶ柔らかな肌触り

三田村:貴重なご意見、ありがとうございます。今回はシンプルなモノトーンに仕上げましたが、たしかにもうちょっと、かわいらしい色があっても良いですね。塚原さんのお話のように、色や柄も、そして肌触りに関しても、タオルの好みは千差万別。みなさんは、どんな肌触りがお好みですか?

松宮:僕は、ふわふわとしたガーゼの肌触りが好きですね。以前は「なんでもいいや」と思っていましたが、子どもが生まれてからというもの、すごくこだわるようになりました。子どもってミルクも吐くし、食べこぼしもするし、タオルを使う機会がとにかく増えます。すると、優しい肌触りのタオルを選んであげたくなりますよね。「僕が赤ちゃんだったら、この生地に包まれたいな」って、そういう目線です。

 

 

利:ガーゼの質感とは違いますけど、<HAREYAKA TOWEL>も、かなり優しい肌触りですよね。僕、めちゃくちゃ汗っかきなんですよ。しかも自転車通勤なので、夏はビショビショ(笑)。「汗臭くなったらマズい」と思うから、顔も体も、ゴシゴシ拭きます。ちょっと堅めのタオルだと、痛さを感じるくらい。<HAREYAKA TOWEL>だと、その痛さは皆無ですね。とても柔らかく、汗を拭くときのストレスが軽減された気がします。

 

 

福士:その柔らかな肌触りに、子どもが大喜びしていました。私はどちらかというと、薄くて、ちょっとゴワゴワするくらいの質感が好み。でも、子どもは違ったみたいです。<HAREYAKA TOWEL>で体を拭いてあげたところ、6歳の長女が「このタオル、ふわっふわだね!」と言ったんです。まるで、コマーシャルのような笑顔で(笑)。

 

こだわりの生地により、スリムサイズでもしっかり吸水!

本多:HAREYAKA TOWEL>の柔らかさを生み出している要素のひとつが、実はレーヨンなんです。抗菌機能を付けるために必要な繊維でしたが、レーヨンをちょっと混ぜるだけで、すごく柔らかさが出るんですね。さらには吸水力もアップします。綿100%のタオルを好まれるお客さまも多くいますが、レーヨンって、とても優秀な素材なんですよ。

塚原:レーヨンと聞くと、どうしても「化学繊維でしょう?」とネガティブにとらえがちですが、そんなメリットがあったんですね。私も綿100%のタオルが好みでしたが、レーヨンのこと、かなり見直しました(笑)!吸水性も、たしかにしっかり。私は髪が長いので、お風呂あがりに実感しました。ゴシゴシ、ワシャワシャしなくても、きちんと拭ける感じ。

 

 

小野:吸水性の高さは、私のようなママにもありがたいですよね。小さな子どもがいると、何事も時間との勝負。子どもの体を拭くにも、食べこぼしを拭くにも、サッと拭けることが重要です。<HAREYAKA TOWEL>は、まさにサッと吸水してくれました。あと、軽さも魅力的。家事で一分一秒を争うママにとって、パッと手に取れる軽さは、とっても嬉しい。

三田村:好評をいただけたようで、本当に良かった!ちなみに<HAREYAKA TOWEL>では、サイズ感にもこだわりました。スリムバスタオルは、従来のバスタオルよりも少し幅が狭く、ハンガーでも干しやすい大きさなんです。

塚原:それ、すごく助かりました!外に干すときは、洗濯用のピンチハンガーを使いますが、部屋干しだと引っかけにくい。衣類用のハンガーだと吊るしやすいので、このサイズは、すごく重宝しますね。普通のバスタオルだと、折り畳んで干さないといけないから、それだけで乾きづらくなりますし。

 

 

利:男性目線でも、ちょっと幅が狭いとはいえ、お風呂あがりに体を拭くにも十分なサイズ。短髪の方なら共感してもらえるかと思いますが、通常より少し小さいくらいのほうが、むしろ扱いやすい。収納するときにもかさばらないし、旅行にも持っていきやすいですよね。

 

女性にも男性にも贈りやすい、スマートなデザイン

本多:利さんのように、最近では「小さめのバスタオルで十分」というお客さまが増えているんです。そこで今回も、スリムタイプのバスタオルを作りましたが、もうひとつ注目いただけると嬉しいのがデザイン。色のアクセントと使い勝手の向上として、イエローのループを付けています。ボックスもシックなデザインに仕上げたので、ギフトとしてもご活用いただけるかなと考えています。

 

 

小野:ループがあると、たしかに助かりますよね。学校用として子どもに持たせるにも良さそうだし、スポーツジムに通っている人なんかは、ロッカーに引っかけるのにも便利そう。ただ、子どもに持たせるという点で言うと、塚原さんもおっしゃっていたように、もう少し色の展開が豊富だと、さらにうれしい!

福士:子どもってどうしても、ポップな色を好みますからね(笑)。でも、現状のカラーバリエーションは、ギフトにもぴったりですよね。無地でシンプルな色だから、相手の好みを選ばない感じ。しかもボックス入りなら、特別感まで印象付けられそう。

 

 

利:タオルって、幅広い年代へのギフトにできるからありがたいです。しかも<HAREYAKA TOWEL>って、透明ボックスも含め、すごくスマートなデザイン。これなら女性にはもちろん、男友達にも贈りやすい。僕自身、これをもらえたら、絶対に喜びますね(笑)。

三田村:いやはや、みなさんのお声を聞いたことで、あらためて<HAREYAKA TOWEL>に自信が持てました!そしてカラーバリエーションについてのご要望、前向きに検討していきたいと思います。今後のタオル開発に生かして参りますので、またぜひ、いろいろなご意見をお聞かせください。本当にありがとうございました!

 

座談会を終えて

ママ、パパ、ひとり暮らしの女性・男性の目線から、存分に語っていただきました!台風の接近により、雨の日が多くなる秋口。ご家庭で使っていただければ、部屋干し臭の抑制はもちろん、速乾性や柔らかな肌触りにも満足いただけるはずです!

 

HAREYAKA TOWEL>の詳しい説明はこちら

 

■今回のタオルはこちら!
HAREYAKA TOWEL
バスタオル(50×120cm)3,500円+税
スリムバスタオル(34×120cm)2,500円+税
フェイスタオル(34×75cm)1,500円+税
ミニテリー(25×25cm)700円+税

※商品情報は記事公開時点のものです。

KEYWORDS

この記事に関連するキーワード

部屋干し臭が気にならない!? ニオイを抑制する<HAREYAKA TOWEL>を語る本音座談会

RECOMMEND

この記事に関連する記事をご紹介!