検索 facebook twitter instagram googleplus hatebu feedly LINE プラス CLOSE TOWELTO > OTHER BACK TO LIST TEL HOME カテゴリー背景 カテゴリー背景 スライダー内記事の背景 この記事が気に入ったらいいね!してね
知る
2018/08/28

涼しくなっても油断禁物、タオルで脱水&熱中症予防!カラダを冷やす方法とは?

涼しくなっても油断禁物、タオルで脱水&熱中症予防!カラダを冷やす方法とは?

日本では毎年、4万人以上が熱中症で救急搬送されており、その対策は必須です。やっと涼しくなってきた秋口でも、夏の疲れが出てくる時期なので油断は禁物…!日常で取り入れやすい、タオルを使った「熱中症予防」をお伝えします。

服部益治先生

教えて!「かくれ脱水」委員会委員長/兵庫医科大学特別招聘教授・学博士

服部益治先生

日本小児科学会 (専門医)、日本腎臓学会 (指導医・専門医)、兵庫県小児科医会 (顧問)、日本夜尿症学会(常任理事)などに所属。著書に、『腎・泌尿器疾患診療マニュアル(共著)』(日本医師会)、『腎臓病の食事指導ハンドブック(共著)』(南江堂)、『保健医療ソーシャルワーク実践(共著)』(中央法規出版)、『子どもの臨床検査-脱水(共著)』(診断と治療社)など。

服部先生が監修される「STOP!熱中症」はコチラ

そもそも「熱中症」ってどんなもの?


「熱中症」とは、体液の不足で起こる障害と、体温上昇で起こる障害の総称です。

高温の環境で運動や労働を行うと体温が上がり、体温を下げるために発汗が起こります。汗は蒸発するときに気化熱を奪い、“打ち水効果”で体温を下げる働きがあるのです。

さらに発汗が続き、体液が失われると、カラダは体液のそれ以上の喪失にブレーキをかけるために、発汗をストップさせます。すると発汗で体温が下げられなくなり、体温上昇で障害が起こります。

発汗による体温調節機能が維持できなくなると、次は臓器にダメージが及びます。もっとも影響を受けやすいのは脳で、脳へのダメージから、けいれんや意識障害などが起こることもあります。

熱中症の発生メカニズム
体温上昇→発汗→体液不足(脱水症)→発汗ストップ→熱中症

 

簡単にできる脱水チェック!

危ないかも…と思ったら、すぐにチェック!

チェックポイント1
爪を押したあと、白からピンク色に戻るまで3秒以上かかる。

チェックポイント2
手の甲をつまんで、皮膚がすぐに戻らない。

このどちらかに当てはまる場合は、脱水症状を疑い水分を補給しましょう。服部先生のオススメは、医療の現場でも使われている「OS-1」だそう。

 

タオルでもできる、熱中症予防!

野外でも手軽にできるので、ぜひお試しください。

・湿ったタオルで汗を拭く
湿ったタオルで汗を拭き、カラダの表面を少し湿った状態にしておきましょう。気化熱で、体温を下げる効果が期待できます。

・冷たいタオルでカラダを冷やす
冷たいタオルで、皮膚表面に走っている動脈(両首筋・脇の下・足の付け根)を冷やすと、体温を下げる効果が期待できます。

タオルが1枚あるだけで、熱中症対策もでき安心ですね!お出かけの際は、ぜひお持ちになってください。

まだまだ残暑が厳しく体調を崩しやすいこの季節、健康に気をつけて元気に過ごしましょう。

KEYWORDS

この記事に関連するキーワード

涼しくなっても油断禁物、タオルで脱水&熱中症予防!カラダを冷やす方法とは?

RECOMMEND

この記事に関連する記事をご紹介!