検索 facebook twitter instagram googleplus hatebu feedly LINE プラス CLOSE TOWELTO > OTHER BACK TO LIST TEL HOME カテゴリー背景 カテゴリー背景 スライダー内記事の背景 この記事が気に入ったらいいね!してね
楽しむ
2019/03/22

簡単わくわくタオルアート 〜第11回 招き猫の作り方〜

簡単わくわくタオルアート 〜第11回 招き猫の作り方〜

ヒヨコに、ウサギに、ペンギンに…タオルを折ったり巻いたりするだけで、いろんな「タオルアート」ができちゃうんです!

お子さまの工作や自由研究に、初めてのデートで緊張するレストランで、間延びした宴会の席で──いろんなシーンで楽しめます。タオルだから破れる心配もなし!さあ、みんなで作ってみましょう!

笹川勇さん

脚本家/カンタン工作家/日本折紙協会折紙講師/絵本作家

笹川勇さん

1968年、長野県生まれ。筑波大学芸術専門学群卒業。自称「カンタン工作家」で、本業は放送作家。おしぼりをはじめ、ネクタイ、クリップ、消しゴム、みかんの皮など、身のまわりにあるお金のかからないものでアート作品を制作、ブログで発表し話題に。テレビや雑誌でも作品を多数発表している。著書に『超ウケる!おしぼりヒヨコのつくり方』『超×2ウケる!おしぼりネコのつくり方』など。近著に絵本『へんしん!かおはめえほん むかしばなし』『ちちんぱいぱい』。

笹川さんオフィシャルブログ

招き猫の作り方

用意するもの

・正方形のタオル
・輪ゴム
・顔を飾るシールなど

 

ステップ1

タオルをタテ半分に折り、右上と左上の角を、上の1枚だけ中央下へ折ります。

 

ステップ2

右下と左下の角を、中央上へ折ります。

 

ステップ3

ひっくり返して前後を反対にします。

 

ステップ4

右下と左下の角を中央上へ折ります。

 

ステップ5

全体を中央で谷折りにし、手前にあった辺が下になるように立てます。

 

ステップ6

なかに2枚の布が入っているのが見えます。

 

なかに入っている布のうち、右側の布を下へ折ります。これが右脚になります。

 

ステップ7

左側の布は、右側よりやや高い位置で折ります。これが左脚になります。

 

ステップ8

上から1/3の部分に輪ゴムをかけ、上の部分にうしろから指を入れて、顔の部分を丸く整えます。その際、うしろにある2枚の角を引っぱり出し、「耳」にします。

 

ステップ9

うしろにある1枚の布をめくり上げ、「シッポ」にします。

 

ステップ10

「シッポ」の両側の布を内側に折り、「お尻」を丸く整えます。

 

ステップ11

目と口をつければ、招き猫の完成!

 

ちょこんと飾れば、ラッキーなことを招いてくれるかも!

 

■ほかにもたくさん!タオルアート

・ウサギの作り方は、コチラ

・カタツムリの作り方は、コチラ

・ペンギンの作り方は、コチラ

・イルカの作り方は、コチラ

・ゾウの作り方は、コチラ

・ハロウィンかぼちゃの作り方は、コチラ

・冬の妖精の作り方は、コチラ

・サンタの帽子の作り方は、コチラ

・イチゴの作り方は、コチラ

・人形の作り方は、コチラ

KEYWORDS

この記事に関連するキーワード

簡単わくわくタオルアート 〜第11回 招き猫の作り方〜

RECOMMEND

この記事に関連する記事をご紹介!