>
使う
2018/03/1

コインランドリー刑事が検証!ふわふわタオルの作り方

コインランドリー刑事が検証!ふわふわタオルの作り方

従来のレトロなイメージから一転。さまざまな“進化系”が登場し、にわかに注目を集めるコインランドリー。一般家庭には導入が難しい高性能な洗濯機が続々と登場し、洗い上がりにも差がつくと話題です。

ふわふわのタオルを作るにも、コインランドリーは強い味方。今回はジワジワと広まりつつあるコインランドリーブームの火付け役、都内3,000軒近くものコインランドリーを巡り、その魅力を知り尽くす“コインランドリー刑事”こと藤原健一さんにご登場いただき、ふわふわのタオルを作る秘訣に迫ります。

藤原健一さん

コインランドリー刑事

藤原健一さん

介護疲れを癒す気分転換として、2002年にコインランドリー巡りをスタート。持ち前の網羅癖から1日約20軒ものコインランドリーを訪れ、2003年にコインランドリーの情報サイト「コインランドリー刑事」を公開。現在では都内3000軒近くのコインランドリーを網羅し、『マツコの知らない世界』(TBS系列)をはじめとしたテレビ、ラジオ番組にも出演。“コインランドリーブーム”の火付け役的存在に。

コインランドリー刑事イチ押し「晴れのち晴れ 吉祥寺店」

「見てください、この清潔感ある店内!」。数々のコインランドリーを知る藤原さんがおすすめしてくださったのは、吉祥寺駅から徒歩12分の場所に位置する「晴れのち晴れ 吉祥寺店」。吉祥寺駅付近まで通じる大通りに面し、前面がガラス張りになっています。「外からの死角がなく、店内には監視カメラが4台も。女性1人でも安心して利用できるコインランドリーのひとつです」。

 

こちらのコインランドリーをおすすめする最大の理由は、「最大32kgまでの大型乾燥洗濯機が設置されているところ。布団の洗濯もラクラクです」と藤原さん。この32kgという容量、洗濯から乾燥まで一度に済むマシンに限って言えば、日本で製造・販売されている洗濯機の中でも最大級(※2018年1月現在)。12kgの中型から32kgの大型まで9機の乾燥洗濯機が並び、乾燥機や靴専用の洗濯機も。店舗のホームページで、各洗濯機の稼働状況がリアルタイムでチェックできるのも魅力です。

 

タオルを放り込むだけ!洗剤や柔軟剤も自動投入

操作は簡単!いまコインランドリーに設置されている洗濯機の主流は、洗濯から乾燥までを一度で完了させる一体型。洗剤や柔軟剤も自動投入されるので、洗濯機のドラムにタオルを放り込んでドアを閉めるだけ。あとは「標準」なのか「少量」なのか、洗濯物の容量を選択するボタンを押し、容量に応じた料金を入れれば完了です。

今回は12kgの中型洗濯機を使用。4kgまでの少量コースを選択し、料金は800円、洗濯完了までの目安時間は約50分です。時間に応じて自宅に戻ったり、買い物を済ませに外出したりする人がほとんど。洗濯機の前で待つ必要はありませんよ。

 

写真でも一目瞭然のふわふわタオルが完成!

左が洗う前、右が洗ったあと

目安の時間どおりに洗濯・乾燥が完了。どれほどの仕上がりなのかドキドキしながらタオルを取り出すと…このとおり!触り心地はふわふわと柔らかく、それでいてほどよい弾力。タオルをよく見てみると、芯までしっかり乾いているからでしょうか、パイルの1本1本が隆起しています。晴れの日に天日干ししたような、おひさまの香りさえ感じます。

 

タオルが悠々と回転し、ふわふわの洗い上がりに

なぜ、こんなにもふわふわに仕上がるのでしょうか?藤原さんに聞いてみると「家庭用の洗濯機・乾燥機では導入が難しい、このドラムの大きさ!洗濯物が悠々と回転することで、しっかり空気を含みます。その結果、こんなにもふっくら、ふわふわになるんです」とのこと。だからこそパイルの1本1本が隆起し、ほどよい弾力が生まれるんですね!

 

欲張りはせず、大型マシンで少量を洗うのがカギ

一度に洗濯・乾燥できる容量は「標準」と「少量」の2コース。ふわふわに仕上げるなら、迷わず「少量」を選択して

ふわふわのタオルを作る秘訣は、大容量のドラム式マシンで乾燥させること。欲張って洗濯物を詰め込まず、ちょっぴり余裕をもった容量を心掛けることがポイントです。

ちなみに、洗濯を自宅、乾燥をコインランドリーで行う場合には「まず乾燥機のドアに触れてみて、温かいマシンを選びましょう」と藤原さん。「コインランドリーの乾燥機は“10分いくら”の時間式が主流です。誰かが使ったばかりの乾燥機なら、ドラム内が温かい状態。すると高温になるまでの時間が短く済み、乾燥にかかる時間もお金も節約できます」。さすが、コインランドリー刑事ならではの視点。

 

家庭用の洗濯機では実感できない洗い上がり!

どう使ったらいいのかわからない、ちょっと古めかしいイメージ。利用する機会のない人にとっては、どこか謎に満ちたコインランドリー…。しかしその実態は、とってもクリーンで効率的。さらにタオルの洗い上がりは、藤原さんをもってして「ここまでふわふわに仕上がるとは!」と言わしめたほどです。

このふわふわ感はもちろん、コインランドリーの洗濯機では温水を使用するため、洗浄力もアップ。家庭用の洗濯機では、なかなか実感できない洗い上がりです。お近くのコインランドリーで、ぜひ試してみてください!

 

■今回使ったタオルはコレ!
moussepuff>バスタオル
3,500円+税

※商品・価格は記事公開時点のものです。

■コインランドリー刑事・藤原さんおすすめのお店
「晴れのち晴れ 吉祥寺店」
東京都武蔵野市吉祥寺東町2-7-2
☎03-6279-5988
6:00~23:00
年中無休
http://hare-peace.com/

KEYWORDS

この記事に関連するキーワード

コインランドリー刑事が検証!ふわふわタオルの作り方

RECOMMEND

この記事に関連する記事をご紹介!