検索 facebook twitter instagram googleplus hatebu feedly LINE プラス CLOSE カート

【とっておきの1枚お届けます。】丸広百貨店川越店・高垣さんの『<watario>あまわた』

2022.04.27

訪ねる
【とっておきの1枚お届けます。】丸広百貨店川越店・高垣さんの『<watario>あまわた』 【とっておきの1枚お届けます。】丸広百貨店川越店・高垣さんの『<watario>あまわた』

西川が手掛けるタオルの専門店『タオリエ』。タオルといっても、厚さ、柔らかさ、触り心地…いろんな好みがありますよね。『タオリエ』ではタオルのプロがお客様のお好みを引き出すのはもちろん、ギフトなどその方にぴったりなタオルをご提案しています。

『タオリエ』各店のスタッフはタオルの知識が豊富!そこで、スタッフ自身が愛用しているタオルから、どんなシーンでタオルを楽しんでいるのか話を聞きました。

第2回は埼玉県川越市の老舗百貨店・丸広百貨店 川越店。接客歴20年の髙垣京子が、期待と不安の新生活をサポートしてくれる、とっておきのタオルをご紹介します!

『タオリエ』丸広百貨店 川越店

高垣京子

丸広百貨店の社員として販売のキャリアをスタート。11年ほど前に西川の寝具販売スタッフとなり、4年ほど前から『タオリエ』スタッフに。趣味は読書とひとり映画鑑賞。特技のイラストを生かし、店舗のポップ制作も手掛ける。

丸広百貨店の社員として販売のキャリアをスタート。11年ほど前に西川の寝具販売スタッフとなり、4年ほど前から『タオリエ』スタッフに。趣味は読書とひとり映画鑑賞。特技のイラストを生かし、店舗のポップ制作も手掛ける。

ゆったり時間が流れる、地元密着型の百貨店

―― 『タオリエ』があるのは丸広百貨店 川越店の5階。寝具売場のお隣なんですね

寝具や食器にキッチンアイテムといった、リビング用品を扱うフロアの一角にあります。丸広百貨店 川越店は、創業から70年を超える地域密着型の百貨店。お散歩ついでにお立ち寄りくださる、常連のお客様も多いんですよ。

―― お散歩ついでに!地元の方々に親しまれているんですね

お買い物目的でなくても立ち寄りやすい、ゆったりとした雰囲気は、地方百貨店ならではかもしれません。初めてお越しになるお客様にも、ゆっくりじっくり、とっておきのタオルをお選びいただけます。

―― まさに今日は、とっておきのタオルを探しに来ました!新生活の始まりに、新しいタオルが欲しくて。

新生活の始まりに新しいタオル、とっても素敵です!春は新生活にワクワクする一方、緊張する機会も増えますよね。そこでおすすめしたいのが、柔らかな肌触りに心が安らぐ<watairo>シリーズの「あまわた」です。

「あまわた」の特長は、ふわふわとした柔らかさ。頬ずりしたくなるような肌触りなんです。私自身も愛用していますが、この肌触りに癒されています。洗顔後に顔を拭く時も、さらには外出時のお供も「あまわた」です。

ホットタオルにも最適!心癒される逸品をご紹介

―― タオルの肌触りで癒される。使うたびにリフレッシュできそうですね

そうなんです。癒しの肌触りだからこそ、<watario>シリーズの「あまわた」はホットタオルにもぴったり。顔にはもちろん、ホットタオルにして腕に巻くのもおすすめです。タオルを巻く前に保湿クリームを塗れば、お肌もしっとり。使い終わったタオルは洗濯機に放り込むだけなので、とってもお手軽です(笑)。

―― お肌もしっとりなんて、ちょっとしたエステ気分を楽しめそうです

心地よいと感じる程度に温めて、火傷にならないよう注意しながら試してみてください。<watario>シリーズの「あまわた」は心癒される淡い色合いで、サイズ展開も豊富。川越店ではバスタオルにフェイスタオル、それにハンカチより少し大きめのウォッシュタオルも取り扱っています。

最近は手を洗う回数が増えたので、ハンカチではすぐにビショビショなりますし、頻繁な手洗いや消毒によって、手荒れにお悩みのお客様も多いんです。でも、「あまわた」は、ゆったり織られた毛足の長い糸でふんわり優しく吸水してくれます。

※スリット糸使用品は電子レンジでの加熱は、火花が出たり焦げることがありますのでおやめください。

―― 手荒れに悩んでいる人、増えていますよね。荒れた手肌を優しく包んでくれるなんて、ギフトにも良さそう。

もちろんです。実際に「あまわた」は、出産祝いにも人気なんです。赤ちゃんの繊細な肌も優しく拭いてあげられますし、バスタオルはベビーブランケットとしてもお使いいただけます。お値段もお手頃なので、複数枚セットにしてギフトにしやすいのも人気の理由。

小さな赤ちゃんがいる家庭は、タオルは何枚あっても困りません。洗い替え用に重宝いただけるんです。それに川越店では刺繍サービスも行っているので、赤ちゃんのお名前を刺繍すれば、特別な贈り物になります。

刺繍もラッピングも、寄り添う気持ちを大切に

―― なるほど!店頭のミシンは刺繍用だったのですね

はい。平仮名に片仮名に漢字、英字は筆記体を含めた3種類からお選びいただけます。書体のサイズやお色味も複数のパターンをご用意しているので、選び方によってタオルの印象も変化するんです。

どんな組み合わせにしようか、迷われるお客様が多くいらっしゃいますが、迷うのはお贈りする方への想いがあるからこそ。どんな方にお贈りするのかを伺いながら、お客様と一緒にタオルを選び、刺繍のスタイルを選ぶ時間は、私にとっても充実したひとときです。

―― 相手の喜ぶ顔を想像しながらギフトを選ぶのって、すごく楽しいですよね

そうした時間に寄り添えることが、店舗スタッフの醍醐味です。『タオリエ』には本当にたくさんのタオルがあって、肌触りもサイズも機能もさまざま。用途によってタオルをお使い分けいただくと、生活がより便利に豊かになります。

例えば、スポーツをする方におすすめなのが<moussepuff(ムースパフ)>シリーズ。これはもう、吸水性が抜群なんです。我が家では顔や手を拭くには「あまわた」、スポーツをするときやお風呂上がりには<moussepuff>というように、しっかり使い分けています!

―― 趣味や目的に合わせたタオル選び…。これもまた楽しそう!

お相手の趣味やライフスタイルに合わせたタオルをギフトにすれば、より喜んでいただけますよね。実際、最近はあらかじめセットになったギフト商品ではなく、「詰め合わせるタオルを一から選びたい」というお客様が増えているんです。

「遠方にお住まいの方に会いづらいからこそ、お届けするギフトに気持ちを込めたい」と、お店から直接配送を希望されるお客様も多いので、どんなラッピングに仕上げたのか完成形を写真に撮り、後日お見せするようにしています。

 

生活必需品だからこそ、心が明るくなる一枚を!

―― それはまた嬉しいサービス!贈り物がどんな形で相手に届くのか、やっぱり気になりますもんね

こちらはお客様に満足していただきたい思いで始めた、川越独特のサービスなんです。刺繍のスタイルによってタオルの印象が変わるように、どう詰め合わせるかによっても、箱を開けた瞬間の印象が変わります。それだけにラッピングの細部にまで気が抜けません(笑)。

―― 髙垣さんのお話を聞いていたら、誰かにタオルを贈りたくなってきました

ありがとうございます!タオルは生活に密着したアイテムだけに、ギフトするにも選び甲斐がありますよね。特に高齢の方へのギフトの場合、落ち着いた色味をお選びになるお客様が多いのですが、それでもセットにする複数枚のうち、一枚だけでも鮮やかなタオルにすることをご提案しています。

年齢に関わらず華やかなお洋服を着ると、なんだか気分が上がりますよね。同様に鮮やかなタオルが一枚あるだけで、不思議と心が明るくなります。実際に「おばあちゃんに贈ったところ、気持ちが若返ったみたい!」という声を頂戴したことも。

―― タオルによって気分が上がる。タオル選びって、大切なんですね

何気ない存在ではありますが、タオルは生活の必需品。お気に入りの一枚が側にあるだけで、ちょっと気分が変わると思うんです。特に新生活がスタートする春って、新しい文房具を買うと心が弾みますよね。それはタオルも一緒。ご自分用にもギフトにも、気持ちが明るくなる一枚を見つけにいらしてください。

 

高垣さん、ありがとうございました!

高垣さんおすすめのタオル

【とっておきの1枚お届けます。】丸広百貨店川越店・高垣さんの『<watario>あまわた』

インド綿・シャンカールの細い糸を極甘撚りにして織ったロングパイルでリッチな肌触りが魅力のタオルです。

Photo│ SOHEI KABE
Text│ Kyoko Oya

関連する読み物