検索 facebook twitter instagram googleplus hatebu feedly LINE プラス CLOSE カート

【とっておきの1枚お届けます。】八木橋百貨店・須永さんの『<watairo rich>わたゆき』

2022.06.30

訪ねる
【とっておきの1枚お届けます。】八木橋百貨店・須永さんの『<watairo rich>わたゆき』 【とっておきの1枚お届けます。】八木橋百貨店・須永さんの『<watairo rich>わたゆき』

西川が手掛けるタオルの専門店『タオリエ』。タオルといっても、厚さ、柔らかさ、触り心地…いろんな好みがありますよね。『タオリエ』ではタオルのプロがお客様のお好みを引き出すのはもちろん、ギフトなどその方にぴったりなタオルをご提案しています。

『タオリエ』各店のスタッフはタオルの知識が豊富!そこで、スタッフ自身が愛用しているタオルから、どんなシーンでタオルを楽しんでいるのか話を聞きました。

第3回に登場するのは、「あついぞ!熊谷」のフレーズで知られる埼玉県熊谷市の八木橋百貨店。店舗のオープン当初から『タオリエ』の接客を務める須永かほるが、暑い日にも癒やされたい日にも味方になってくれる、とっておきの1枚をご紹介します!

『タオリエ』八木橋百貨店

須永かほる

長くアパレル販売員を務めた後、寝具の広告写真に心惹かれたことから西川の寝具販売スタッフとなり、店舗のオープンと同時に『タオリエ』八木橋百貨店のスタッフに。旅行をこよなく愛し、なかでもお気に入りの場所は北海道の富良野。

長くアパレル販売員を務めた後、寝具の広告写真に心惹かれたことから西川の寝具販売スタッフとなり、店舗のオープンと同時に『タオリエ』八木橋百貨店のスタッフに。旅行をこよなく愛し、なかでもお気に入りの場所は北海道の富良野。

お客様はイスに腰掛け、ゆっくり、じっくり、タオル選び

―― 『タオリエ』のある八木橋百貨店は老舗だそうですね。

八木橋の創業は明治30年、埼玉県内初の百貨店なんですよ。長く続く老舗だけに、まさに地元密着型。常連のお客様が多いのはもちろん、長く働いているスタッフも多いので、百貨店なのにどこかアットホームな雰囲気が自慢です。

―― そうした雰囲気のおかげでしょうか。タオルや寝具を扱う5階のフロアも、なんだかゆったりしていますね。

そうですね。ゆったりお買い物を楽しんでいただけるのは、郊外百貨店の強みかもしれません。混雑を気にされることなく、ゆっくり、じっくり、タオルをお選びいただけます。『タオリエ』の店内にテーブルとイスをご用意しているのも、お客様のご要望をしっかりお聞きしたいからです。

どんなタオルをお探しなのか、どんなシーンにお使いになるのか。イスにお座りいただいたほうがお客様もお話ししやすいですよね。世間話に花が咲くこともあるのですが、お客様のライフスタイルを深く知れてこそ、その方にぴったりのタオルをご提案できます。

――スタッフさんへの親近感がわき、常連のお客様が多いのも納得です。

うれしいことに、お子さんの記念日ごとにご来店くださるお客様もいらっしゃいます。最初に来店されたのは、八木橋に『タオリエ』がオープンしたばかりの5年前のこと。お子さんのご誕生直後に「新生児にも優しいタオルがほしい」と、お父様がお一人でお越しになって。

そこでお子さんのお名前を伺ってみると「ゆいなちゃん」。それならと<watairo>シリーズから「ゆいわた」をおすすめしたんです。お子さんのお名前には、親御さんの想いが詰まっていますよね。「ゆいわた」は赤ちゃんのお肌に優しいのはもちろん、「ゆいなちゃん」というお名前とリンクするネーミングのタオルです。

お客様もとても喜んでくださって、以来、初節句や七五三といった記念日のたびに、ご家族一緒にご来店くださいます。5年前には赤ちゃんだったゆいなちゃんが、今は保育園生。すくすくと成長される姿に、私まで感慨深くなりますね。

 

暑い日にも、思い切り泣きたい日にもタオルが味方!

―― 地元密着型ならではのエピソードですね。ところで、八木橋百貨店のある熊谷は暑さで有名。暑い熊谷だからこそ、人気のタオルもありそうな…?

「あついぞ!熊谷」のフレーズは、今や全国に知られていますよね(笑)。テレビニュースに取り上げられる大きな温度計があるのは、実は八木橋百貨店のメインエントランス前。毎年、初夏になると登場します。

そうした気候だけに、ガーゼを用いた<しあわせの今治ガーゼ>シリーズが人気です。なかでも「きら星」は、ガーデニングをされる方にご好評ですね。ガーゼを四重にも重ねたふくふくとした質感ながら、肌触りはさらり。首に巻いても軽く、日焼け防止にもお使いいただけます。

同じ<しあわせの今治ガーゼ>シリーズには、大判タイプのマルチタオルもございますので、そちらはソファカバーとしてもおすすめです!ソファカバーとしてもおすすめです。特に革張りのソファって、汗をかくとお肌に吸い付いてしまいますよね。でも、ガーゼ素材のタオルを敷いてあげれば、それだけで快適です。

―― さすがは熊谷店!これからの季節にぴったりの使い方ですね

タオルは暑い季節の相棒ですからね(笑)。西川のタオルなら、ポケットにしまえるミニテリーサイズであっても、しっかり汗を吸水してくれます。「ハンカチを忘れてしまったから」と、お仕事の合間にご来店くださるビジネスパーソンも多いんですよ。「西川のタオルなら間違いないから」とおっしゃってくださって。

―― 間違いないタオル選び…!私にも、とっておきの1枚を教えてください!

とっておき!それなら<watairo rich>シリーズの「わたゆき」が一押しです。ガーゼ素材のさらりとした心地よさとはまた違い、ふかふかのパイルに包み込まれるような気持ちよさ。これをお使いいただくだけで、幸せホルモンが分泌されそうな肌触りです(笑)。

我が家では洗顔後に使用するタオルとして洗面所にセットしていますが、単にお顔を埋めるだけでも気持ちよくて。縦4つ折りにしてお使いいただくと厚みもパイルの立ち上がりも増し、本当に至福の触感。感動的な映画を見て、思い切り泣きたいときの相棒になってくれるようなタオルですね(笑)。ご家庭用にはもちろん、ギフトにもぴったりです。

 

ギフトには、開けた瞬間から喜びあふれるタオルアートを

―― ギフトといえば、タオルアートが気になっていたんです。ギフトボックスを開けた瞬間から喜んでもらえそうな…

実はこのタオルアート、『タオリエ』各店舗のスタッフが考案したオリジナルなんです。タオルギフトをお受け取りになる方に、ちょっとしたサプライズも一緒にお届けしたい。そうした気持ちを込め、ひとつずつお作りしています。

ワンちゃんやネコちゃんといった動物に、ちょっぴりシックなお花、それに男性向けにはYシャツとネクタイのアートもご用意しています。ちょうど梅雨の時期でもあるので、部屋干しでも乾きやすく、嫌なニオイのしない<HAREYAKA TOWEL>をタオルアートにしてお贈りすれば、きっとお喜びいただけるはずです。

―― 暑い日にも癒やされたい日にも、さらにはギフトにも。自分用にも誰かのためにも、ついつい欲しくなってしまいます…!

そこで迷われたときには、お気軽にお声がけください。お客様のお話を伺いながら、一緒にタオルをお選びするのが私たちスタッフの役目です。特にのし紙を必要とされるようなギフトでも、八木橋百貨店には表書きと名入れを専門にする書記さんがいます。カジュアルなギフトからフォーマルなギフトまで、しっかり対応いたします。

 

ほかには代えがたい、お気に入りの1枚を見つけに!

―― なんと心強い!熊谷店にリピーターのお客様が多い理由が、改めて分かった気がします

うれしいお言葉、ありがとうございます。でも、リピーターのお客様が多いのは、タオルの実力があってこそです。どんなにいい接客ができたとしても、大切なのはお客様に気持ちよくお使いいただくことですよね。

タオルをお買い求めいただき、実際に気持ちいい実感をお持ちいただけたからこそ、リピートくださると思うんです。その証拠に常連のお客様には「私はゆいわた」「私はきら星」というような、それぞれお気に入りの1枚があるんですよ。

―― ほかには代えがたい、お気に入りの1枚。私もそんな1枚を見つけたくなりました!

そのためにも、じっくり、ゆっくり、お選びいただきたいんです。タオルはあくまでも日常の道具に過ぎません。だからこそお気に入りの1枚を見つけられると、なんだか安心感が生まれると思うんです。

お肌が敏感だったり、汗っかきだったり。お客様それぞれにお悩みがありますよね。そのお悩みをタオルが解消できるかといったら、それはできません。でも、お肌に優しかったり、吸水性が抜群だったり、ご自身の悩みに寄り添ってくれるタオルに出合えたなら、きっと安心いただけます。そうした1枚を見つけに、『タオリエ』にお越しください。

 

須永さん、ありがとうございました!

 

須永さんおすすめのタオル

【とっておきの1枚お届けます。】八木橋百貨店・須永さんの『<watairo rich>わたゆき』

毛羽落ちの少ない超長綿スーピマ綿を極甘撚りにした、ボリューム感のある柔らかさ。さらに太い糸を織り込むことによって、もっちり&ふかふかとした肌触りが楽しめます。

Photo│ Teppei Daido
Text│Kyoko Oya

関連する読み物