検索 facebook twitter instagram googleplus hatebu feedly LINE プラス CLOSE TOWELTO > OTHER BACK TO LIST TEL HOME カテゴリー背景 カテゴリー背景 スライダー内記事の背景 この記事が気に入ったらいいね!してね
作る
2018/05/24

ミタムーの『種からタオル作り』 〜第1回 綿の種まき編〜

ミタムーの『種からタオル作り』 〜第1回 綿の種まき編〜

タオルのことなら何でもお任せ!東京西川のタオル課所属、タオルソムリエの三田村哲也(通称:ミタムー)。趣味はタオル、特技はタオル、三度の飯よりもタオルが好きというミタムーが、新たな挑戦を始めます!

三田村哲也

タオル課マネージャー/今治タオル工業組合認定「タオルソムリエ」

三田村哲也

タオル課歴11年目。社内屈指のタオルマニアで、人は彼を“Mr.タオル”“タオル道に生きる男”と呼ぶとか呼ばないとか…。「私が死んでもタオルは残る!そんなふうに、長く愛されるタオルを作りたいです!」。

そもそも君は、タオルの魅力を知っているかい?

「タオルってどれも同じでしょ?」「100均でも買えるし、別にこだわりはないわ」──そういう方、多いかもしれません。

でも、ちょっと思い出して!

朝の洗顔で、顔を拭いたあとのサッパリ感を…

昼間、仕事で失敗したときに涙を拭う柔らかさを…

お風呂あがり、ふかふかのタオルに包まれる幸せを…

そう、タオルは私たちの生活に四六時中、密接に関わっているんです。

もっとタオルの魅力を広めたい!気持ちのいいタオルを使っていただくことで幸せを届けたい!そんな使命感に燃える、Mr.タオルことミタムーが、こんな企画に挑戦します…。

 

綿の種から、タオルを作ろう!

日々新しいタオルを開発するミタムーは、タオルが好きで、好きで、タオルのすべてを知り、タオルのすべてを我が身で経験したいと思うようになりました。

そして浮かんだ、ミタムー的ワンダフルなアイデア。

 

「もしかして、タオルって綿の種をまくところから作れるんじゃない?」

 

自宅の庭に綿の種をまき、愛とこだわりが詰まったタオルを作ろうというのです。壮大に聞こえますが、実はミタムーは昨年もこっそり綿の種をまいて、無事収穫まではこぎつけたそう。

種と、昨年収穫して自力で撚った綿

さて、今年の結果は乞うご期待。失敗したら、タオルを愛でながら泣きのお酒をいただきます。一切忖度なしの、あくなき挑戦が始まります。

 

連載1回目の今回は、ミタムー邸にて綿の種まき

5月某日、ミタムー邸にお邪魔する撮影スタッフ。お天気は曇りの予報、何とか種まきまではもってくれそうと安心していたら…。

 

昼間からカミナリが鳴り響くほど大荒れの天気!

「こんな天気では仕方ないから、タオルの話でもしましょうかね」

ほほえみながら、おもむろにタンスの引き出しに手をかけるミタムー。

じゃじゃーんっ!ミタムーのタオルコレクションです。コチラはほんの一部で、クローゼットにもたくさん入っていました。

「タオルっていうのはね、実に奥が深い。糸の素材・パイルの長さ・撚り・織り方の組み合わせで、無限に作れるんですよ!僕の場合は、理想のタオルを追求するために、他社商品も含め毎日違うものを使っています。こんなに溜まっちゃって…場所をとるんだけど、眺めていると壮観だよね〜(ニヤニヤ)」

「タオルっていうのはね…」と、急に饒舌になるミタムー

「今日は水色のシャツを着ているから、タオルも水色をチョイス。万年筆と同じくらい、今日はどのタオルを持っていこうか吟味していますね」

ミタムー、タオルにまつわるエピソードを訊かせてください!

「そうだなぁ…飲食店や旅館では100%、おしぼりやタオルを真剣に触ります。サービスや食事が普通でも、おしぼりやタオルにこだわりを感じると、お店への好感度がぐぅぅんと上がる。タオル好きに悪い人はいないですからね。あとは、行く先々で絶対にタオル売り場を覗きます。家族とは別行動になりますが、みんな生暖かい目で見守っていてくれています」

 

このあとも、

「タオルを知っている人生と知らない人生では、豊かさがぜんぜん違う」

「タオルは財産」

「タオルとの巡り合わせは運命」

なんて溢れ出る想いを繰り広げていると…雨があがりました!

 

コレが綿の種!いよいよ種まき

タオルドリームの第一歩がここから始まります。種に想いを込めて、いざ…!

 

ミタムー邸の花壇をほじほじ…

 

種を埋め、愛情を注ぎ込むように土をかぶせます。

 

ものの1分で種まき終了。

 

「こんなもんです。芽が出るまで気長に待ちましょう」とミタムー。夢の第一歩は意外にもあっけなくて、少々肩透かしを食らった編集部員なのでした。

 

あまりのあっけなさに写欲がありあまるカメラマンは、そら豆を激写

 

さて、まだまだタオル作りは始まったばかり。次回は「綿の芽が出る」をお届けする予定です。ミタムーの「夢のタオルを作る」挑戦は続く。

KEYWORDS

この記事に関連するキーワード

ミタムーの『種からタオル作り』 〜第1回 綿の種まき編〜

RECOMMEND

この記事に関連する記事をご紹介!