検索 facebook twitter instagram googleplus hatebu feedly LINE プラス CLOSE TOWELTO > OTHER BACK TO LIST TEL HOME カテゴリー背景 カテゴリー背景 スライダー内記事の背景 この記事が気に入ったらいいね!してね
使う
2018/12/20

タオルのある毎日 〜Day 3 どろんこ編~

タオルのある毎日 〜Day 3 どろんこ編~

よく晴れた朝、子どもたちと近所の公園へ。ゆったりと広いこの公園は、いつ行ってもほどよく空いていて、リスや小鳥のいる森につながっている。ちょっとしたハイキング気分を味わえるから、子どもたちのお気に入りの遊び場だ。

長男と長女は、大はしゃぎで私を追い抜く。もうすでに遊びは始まっていて、「お兄ちゃん待ってよぉ」と長女の楽しげな声が響いた。

長男6歳、長女3歳、そして次女は1歳になったばかり。子育ての日々はせわしなくて、時間がいくらあっても足りないのが悩みだ。長男と長女はやんちゃ盛りだけれど、本当はまだ甘えたいのかもしれない。まだまだつきっきりでいないといけない次女をあやしながら、ちくりと胸が痛んだ。

木陰からひょいと飛び出してきた長男の手は、いつの間にか泥だらけだ。砂遊びをしていた長女と手を洗わせる。

タオルで水を拭き取ってあげると、長男が言った。

「このタオルふわふわだね!」

…まるで、CMみたい(笑)。思わず吹き出してしまったけれど、その笑顔がとびきりかわいくて、キュンとした。

「本当だよ、すごくふわふわ!ママも触ってみて!」

長男が私の手を、タオルでやさしく包んでくれる。ガーゼのさらっとした柔らかさが、なんとも心地良い。

タオル越しに触れ合った長男の手の感触にふっと力が抜け、懐かしさがこみあげてくる。そういえばこの子が赤ちゃんだったとき、こんなタオルをおくるみ代わりに使っていたっけ。太陽の匂いのする、ふわふわのタオル。

あんなに小さかった手だけど、もうこんなふうに私を包んでくれるんだ。お兄ちゃんになったんだね──そう思うと、不意に目頭が熱くなった。

「さぁちゃんも拭いてあげる!」

じゃれ合って、くすぐったそうに声をあげる子どもたちが愛しくて、その光景を見ていると、疲れなんてどこかにいってしまった。

こんなキラキラした瞬間を集めていくのが、子育てなんだ。

まぶしさの中に飛び出していく子どもたちを追いかけて、私も走り出す。日なたの柔らかいぬくもりの中で、心までふんわりとほぐれていく気がした。

 

■今回のタオルはコレ!
しあわせの今治ガーゼ>フェイスタオル 1,200円+税〜

風合いの異なる6種類のガーゼタオルをラインナップ。ガーゼの優しい肌触りで、肌への刺激も少なく、赤ちゃんからお年寄りまで安心してご使用いただけます。

 

■タオルのある毎日シリーズ

Day1 〜草野球編〜

Day2 〜寝起き編〜 

KEYWORDS

この記事に関連するキーワード

タオルのある毎日 〜Day 3 どろんこ編~

RECOMMEND

この記事に関連する記事をご紹介!